思ってることをつらつらと…

思ってることをつらつらと。

頭の中からはみ出しそうになったら文字に。

真実を見極める力。

大嶋先生のブログで最近このことが毎日登場する。

 

真実を見極める力が高い人、低い人とは、

「真実を見極める力が高い人」は苦しみを知っている。

 

「動物的な人は苦しみを感じていない」という興味深い言葉。

 

「苦しみを知っている」ということは「自分のどこが悪かったのだろう?」と内省ができちゃうこと。要するに自分の中に何か原因があるのかもしれない、と反省してそれを一生懸命に変える努力をしてきた人のこと。

 

「苦しみを感じていない」というのは、原因を自分じゃなくて他人に向けてしまうから、反省したり、修正したりすることができない、ということになるわけですね。

 と書いている。

 

このことが書かれるようになってからずっと考えている。

みんな同じではないのねって。

 

気にしながら人と接していると見えてくるものがある。

私の周りには高い人ってあんまりいないな。

低い人ばかりだな。

 

原因を自分のせいとは考えず人のせいにする。

人のせいにしたら自分のしていることに気づかない。それが残念な人。

 

最近、仕事や趣味で接する人のことが見えてきて、残念な気持ちになっている。

良い人だと思っていた人が違っていた。

残念な人だった。

 

今までは残念な人に怒りを持たされていた。

そのことに気づいていなかったから。

 

でもこの本を読んだら怒りを持たされる理由が書いてあった。

「ずるい人」が周りからいなくなる本

「ずるい人」が周りからいなくなる本

 

関係の更新をしないと怒りはなくならないんだと書いてある。

そうしないといじめをしてしまうと。

そうだなと思った。

いじめをすることになる。

だから関係の更新をする必要がある。

 

このことがわかったら、その残念な人への怒りが消えた。

ものすごく楽になった。

 

残念な人はたくさんいる。

それにいちいち反応していたら身が持たない。

 

関係の更新をしてしまえば、何を言われても気にならない。

また始まったよ、くらいになってきた。

相手にしないようにできるようになった。

 

私の周りには真実を見極める力が高い人がひとりいる。

その人と話すとめちゃめちゃ楽しい。

自分の頭に思い浮かんだことをそのまま話せる人。

 

真実を見極める力が高い人だけを大事にしていこうと思う。