思ってることをつらつらと…

思ってることをつらつらと。

頭の中からはみ出しそうになったら文字に。

その苦しみはあなたのものでない

その苦しみはあなたのものでない (SIBAA BOOKS)

その苦しみはあなたのものでない (SIBAA BOOKS)

 

 こちらの本を読んだ。

 

心に聞くやり方が具体的に書いている。

こういう感じなんだなって思った。

 

こちらの本に書いている「見る・聞く・感じる」が頭に残ったので実践してみた。

 

ーーー

郵便物をポストに出しに行った。

外は雨。傘を差して歩く。

 

私は今歩いている道路を見ている。(見る)

傘に当たる雨の音を聞く。(聞く)

腕に風が当たるのを肌で感じる。(感じる)

ーーー

 

これをやってみて思ったこと。

今を生きることだ。

今を生きていたら怒りが頭に帯電しない。

 

頭の中に怒りを持つ。

それは過去を思い出して怒りを生み、その怒りを持ったまま未来を考え不安や孤独になると思う方向へ頭を使う。

人のことを考える時も怒りを持っていると悪い方へ想像する。

それは幻想だ。

自分の頭が作り出した幻想。

本当のことじゃないことを考えているだけ。

とっても無駄だと思った。

 

これをしないために、見る・聞く・感じるをやる。

気づいたらこれをやる。

今日のモーニングページも3ページほとんどこれを書いてみた。

 

余計なことを考えなくなる、これをやると。

大嶋先生はこういうことが言いたいのかなって思った。