思ってることをつらつらと…

思ってることをつらつらと。

頭の中からはみ出しそうになったら文字に。

無意識さんに任せればうまくいく

無意識さんに任せればうまくいく (PHP文庫)

無意識さんに任せればうまくいく (PHP文庫)

 

 この本読み終わった。

おもしろかった。

 

大嶋先生の本は最後どーんと知りたいことが書きまくられている。

途中はやんわりとだ。

 

今回の本もそうだったのか!と思うことが、知らなかったことがたくさん書いてあった。

先生のブログをたまに読むと?となることがある。

まだまだ知らないことがたくさんあるから、先生の言っていることが入ってこないんだろうなって。

本を読んですこしずつわかってくると、今までの自分から変われるって自信が増えていく。

自信が増えるって自己肯定感が高くなるってことだなと今は思っている。

 

前に大嶋先生の本を読んだあと書いたブログに、なんなの?この人って人が多いと書いた。

その時はその本を読んで解決策が見つかった。

今回の本は無意識と意識の話でまた違う視点からの答えが書いてある。

 

読み終わって、いろんな視点からの情報が頭に入っているので混乱中。

忘備録として追加したり、読み返したりできるようにブログを使って行きたいなと思っている。

 

私は主観ばかりで生きている。

この本でそれがわかった。

今までいろいろ考えてきたことはすべて主観だ。

主観っていらないんだなとわかった。

目から鱗

冷静に客観できていると思っていたことが、たぶんほとんど主観だった。

いらないんだね、主観。

主観・客観が少しわかった後、ひとりで飲みに行った。

 そうしたら・・・

なんなの?この人って感情が生まれなかった。

イラっとすることもなく、楽しく、ひとりで飲めた。

たまに楽しくマスターと話して、他のひとりで来てる女性とも初めてだけど楽しく話せた。

主観がわからなかったら、今回もなんなの?この人って思うことが生まれて楽しく飲めなかったなと。

怒りっていらないんだな。

怒りの仕組みがわかってくるといらないと思った。

イラっとするも怒り、なんなの?この人って思うのも怒り。

こういう怒りはいらない。

怒りを出す必要がある時にちゃんと怒りを出して引きずらないっていう方に怒りを使いたい。

そう思った。

 

今日友だちと飲むかもしれない、会社のことで悩んでてその話を聞きにいく。

友だちに、もう一段レベルの高いところに上がってみようよと言うかもしれない。

同じレベルにいるから悩むかなと思っているので。