思ってることをつらつらと…

思ってることをつらつらと。

頭の中からはみ出しそうになったら文字に。

とろサーモンおもしろかった。

M-1優勝、おめでとう。。。

 

昨日のニュースを見たら同郷だった。

お、有名人増えた。

 

最初の漫才見て、おもしろーい、間が好きって印象だった。

途中、大河ドラマ観て、決勝の3組を観た。

とろサーモン残っててミッキーマウスの衣装かわいかった、ボケの人。

 

で、3組観たんだけど、和牛の1個目の漫才が面白かったから、これは和牛なんじゃないの?優勝って思って観てたら、とろサーモン2個目の漫才も間が良くて面白くて。

ボケの人の間が好き。

その後、和牛の2個目の漫才観てて、うーん…って心から笑えなかった。

 

どうなの?これー、和牛の勢いがすごいからこのまま和牛かしら?、でもとろサーモンの2個目も間も良くてネタも面白かったけどなぁ。

ミキはちょっと私には合わないわ。

 

なんて思ってたら、とろサーモン優勝しちゃったよ。

 

それで思った。

心から笑えるとか、あー楽しいなぁって感じる漫才がいいんじゃないのかなって。

それを知っていてネタを作り稽古する。

でもそれを知っていないとダメなのかなって。

心地よい間とか、必要な裏切り感とか。

さんまちゃんが緊張と緩和がお笑いには必要と言ってた。

そういうのもわかった上でネタを作っているんだろうなプロの人たちは。

お笑いのことはそんなにわからないけど、心がほっこりする、楽しいなぁって思える漫才を観たい。

ナイツやサンドウィッチマン博多華丸大吉も好き。

 

そういう基準でお笑いを観たい。

とろサーモンが優勝して本当に嬉しい。

おめでとう。