思ってることをつらつらと…

思ってることをつらつらと…

頭の中からはみ出しそうになったら文字にする。

今、何がしたいのか、それで唱える言葉を変えてみる。

「〇〇を7回唱える。」

 

〇〇はいろんな言葉がある。

仕事に集中したい時とか、

部屋を片付けたい時とか。

 

そんな時に心の中で唱えてみる。

そうすると少ししたら、普通に集中して仕事ができる。

片づけも勝手に体が動く。苦じゃない。

自然に動ける。

仕事もはかどる。

 

すごいわ、これ。

何かが引っかかっててやりたいことができなかったんだろうな。

引っかかっていたことを、唱えることで解消して自然にできるようにしていく。

何に引っかかっているのかはわからないんだけど、

唱えることで何も考えずできるようになるのならめっちゃ楽ちんだ。

 

部屋も片付いて、仕事も進んで、満たされる感じ。

今の私のしたいことがスムーズにできる言葉を見つけた。

 

もし、他の言葉を唱えて自分の今やりたいことと違う方向に行ってしまうとしたら、

それは今使わなくてもいい言葉のようだ。

間違っている訳ではなくて、「今自分がやりたいこと」をかなえる為での言葉ではないんだろうって。

「今自分がやりたいこと」を基準にして、言葉を選んでいったらいいんだっていうのがわかってきた。

そういうことだよ。ってことが、大嶋さんの本には書いてあった。

 

なんか引っかかった時には、何でも唱えとけばいいやーって最初は思ってたんだけど、そうじゃなさそう。

「今自分がやりたいこと」を思いついた時にそれを何も考えずに実行できるようにするための、今自分がやりたいことに合っている言葉を使った方が効率的だ。

効率的というより、思った通りのことをその通りにやるという事が大事なんだって。

 

今日はお休みだから、私は部屋を片付けたい。

明日、山に登るからひじきと豚肉の炊き込みごはんを作っておにぎりを持っていきたい。

この思ったことを大事にして、今日という日を過ごせたら満足だろうな。

なんかちっちゃいことなんだけど大事にしてみようかなって思ってる。

 

今日は部屋が片づく言葉をたくさん唱えようっと。