思ってることをつらつらと…

思ってることをつらつらと…

頭の中からはみ出しそうになったら文字にする。

支配されちゃう人たち

支配されちゃう人たち 親や上司の否定的な暗示から解放される超簡単テクニック

支配されちゃう人たち 親や上司の否定的な暗示から解放される超簡単テクニック

 

この本のことが少しわかった。

それで少しずつ行動している。

この本に書いていることを実践してみようと思って。

あまりにもすごいので自分の中に落し込むのに時間がかかるなって正直思っている。

でもやってみたいという気持ちがある。

やってみたら毎日が楽ちんになるだろうなって。

楽ちんじゃないなって思ってる人は読んでみてもいいのかなって。

そんな風に感じた。

 

☆☆☆

自分の心が動くのを見つめるって難しい。

「なんか重たいなぁ」とかたまに感じても、そんなもんだで今までは終わっていた。

どうにもできないし、こんなのみんなあるわねって。

時間が経つとなくなったりするしさ。

見つめてたんだけど、知識を得てもう一歩。

そのヒントがこの本にはある。

違ってたみたい。

重たいなぁっていうのみんなにはそんなにないみたい。

重たいなぁって思う理由があったんだ。

たまにふらっといろんなブログ読んでると同じようになってる人がいたりする。

あーこの人も今重たくなってんなぁって感じる。

それはたまに来るもので仕方ないって思ってる感じ。(に見える。)

でもこれって来なくていいものなんだよね。

重たい気持ちって「ない」ものなんだと。

理由がわからないからジッとしたり、紛らわすことをしてみたり。

でも理由がわかると自分で軽くもできるし、理由がわかってる上でその重たさに浸ってみたりもできる。

ホント、理由がわかるとその重たさに浸っても嫌じゃないんだよね。

そして、重たいなって思うことがなくなるんだって。

これはいいぞ。なくならそう、そんなもの。ってね。